脱毛前のケア

脱毛前にしておくべきケアは2つあります。

脱毛する部位の毛をカミソリで剃っておくこと

なぜなら、脱毛前に毛がある状態だと、レーザー脱毛や光脱毛の光がうまく毛根にまで届きにくいので、効果が薄くなってしまうからです。

カミソリ負けをしやすい人は、脱毛する2日前にシェーピングクリームなどを使用して、丁寧に剃るようにしましょう。

毛抜きや除毛クリームを使った処理をしてしまうと、脱毛した時に痛みや炎症が起こりやすくなったり、サロンによっては施術を断られることもあるので、必ずカミソリで処理するようにしましょう。

保湿をすること

レーザー脱毛や光脱毛をする部位が乾燥している状態だと、痛みが出たり、炎症やシミがおきやすくなります。クリームやオイルを使用して、しっかり保湿を行うようにしましょう。

ただし、脱毛の当時は施術の妨げになることがあるので塗らないようにしましょう。

脱毛後のアフターケア

脱毛後にしておくべきケアは3つあります。

日焼けをしないこと

脱毛後の肌はとても敏感で、紫外線に反応しやすく、炎症を起こしたりシミの原因になります。特に夏場の場合は肌を保護する長袖のシャツなどを持参し、脱毛の翌日からは日焼け止めをしっかり塗るようにしましょう。

身体を温めないようにすること

お風呂や運動などで身体が温まって血行が良くなると、痛みが出やすくなります。

また、飲酒も身体の血行が良くなり、痛みや炎症の原因となります。脱毛の当日はもちろん、炎症が落ち着く数日は注意しましょう。

できるだけ毛を剃らないこと

脱毛後の肌はとても敏感なので、カミソリ負けなどのトラブルが起きやすくなっています。

肌への負担を避ける為にも。できるだけ毛は剃らないようにし、どうしても剃る場合にはシェーピングクリームをしっかり塗って優しく剃るようにしましょう。

毛抜きや除毛クリームは絶対に使用しないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加